サービス

債権回収 マンション管理

近年、マンション管理費、修繕積立金等の滞納問題は深刻化しており、多くの管理組合が管理費等の滞納問題に頭を抱えています。経済状況の悪化から管理費等が支払えない区分所有者が現れ、その区分所有者の管理費等の滞納を放置すると、他の区分所有者間で不公平感が募り、更なる義務違反者を誘発します。

このようなマンション管理費等の滞納は、管理組合の財政を圧迫し、正常な組合運営が出来なくなり、ひいてはマンション全体の資産価値を低下させることにつながります。

管理費等はその性格上、放置すると滞納額は膨れ上がっていきます。滞納額が高額になるにつれ解決が困難になるため、管理会社による一定期間の督促によっても滞納が解消されない場合は、早期に専門家に相談することが大切です。なお、目安としては滞納発生から6ヵ月を経過している場合、対応について相談すべきであると考えます。

督促をおこなった際の障害としては、以下のような問題が発生します。

  • 相手と連絡が取れない
  • 請求しても無視される
  • 回収の方法がわからない
  • 滞納者が威圧的な態度を取り困っている
  • 訴訟を検討すべきか判断がつかない

ウィザーズ法務司法書士事務所は、マンション管理費回収のスペシャリストとして数多くのマンション管理費滞納問題を解決してまいりました。お客様にとって、最適な回収戦略を立案、ご提案いたします。

copyright © wizardz consulting all rights reserved.